August, 2016

Month
第4回 | 蛯江 みほ
めぐり続ける今を愛しむ暮らしで、 すべてが心地よく調和する未来を紡いでいく。 満月の夜、やわらかく降り注ぐ月光、傍でまたたく星の光。植物たちは自ら発光しているかのようにふんわりと、しかし凛として、それぞれの姿を浮かび上がらせるという。月光草園の植物たちは、犬山の地で、太陽の恵みはもちろん、月と星の恵みもたっぷりとその身...
第3回 |  海老澤 哲也
自分と家族の暮らしが見える大地で働き、 六次産業として醸していく。 海老澤哲也は、犬山農芸の職業訓練校で発酵による土壌作りや食品加工などの講師をしながら、米、豆、小麦を主に作り、それらを自ら醸して海老澤糀店を営んでいる。また、塩糀や味噌作りなど、発酵食品のワークショップも積極的に開催。原料となる農作物を作り、それを自ら...
海老澤さんの菌活講座 【味噌づくり編】
                        オーガニックビレッジで味噌づくり講座あります。 講師は発酵のプロフェッショナル海老澤哲也さんです。 9月11日(日)10:30~ 日時:9月11日(日)...
第2回 |  山納 銀之輔
住まいと暮らしの叡智を結集し、 オーガニックの匠が創り出す、真の豊かさ。 「最初に犬山農芸に来たとき、まず驚きました。みんな自分の身一つで、目の前のことを何とかしようとしていて。これは絶対面白いことになるなって」。山納銀之輔は、現在は講師としても関わる犬山農芸との出会いをこう語る。それは山納自身が創り出したいと考えてい...
ライフスタイルマガジンに紹介されました
「自然体の暮らしに出会える」ライフスタイルマガジン【イツカギ】さんが、オーガニックマルシェの事を紹介してくれました。 こちらのページです。 その他にも東海エリアの様々な情報が載っていますので、是非ご覧ください。
第1回 | 佐藤 練
芸(art)と職(work)のジレンマから見出した、 農芸という生き方、新しい安心のカタチ。 「僕にとってオーガニックって、周りの人とのつながりを意味するんです。オーガニックビレッジという場所もたくさんの人との有機的なつながりをイメージしました」。農業においてオーガニックというと、無農薬や化学肥料を使わない安心な有機農...